一軒家

間伐のススメ|木々のより良い環境のために

草むしりのコツ

草むしり

草むしりは、何も考えずに行うと非常に苦労を強いられます。草は引っこ抜けずに根っこだけ残ってしまったり、草が足に触れて痒くなったり、夏の暑い日には日射病になってしまい、命に関わる可能性があります。このように、草むしりは楽な作業ではなく、むしろ重労働です。よって、草むしりの対策はきちんと把握しておきましょう。対策をきちんと練っているのといないのとでは作業効率が段違いです。
まず、服装です。基本的には長袖と長ズボンがおすすめです。また、帽子をかぶることによって、直射日光を防ぐことができるので熱射病対策になります。手袋もゴム手袋を着けることで草をつかみやすくなり、引っこ抜きやすくなります。つぎに、行う時期です。最も適している時期は、雨上がりです。雨上がりは土が柔らかくなっているので根っこまで抜けやすくなっているため、草むしりに適しています。しかし、ぬかるんでいるので滑りやすいので靴も長靴とかを用意したほうが良いかもしれません。また「雨降って地固まる」ということわざ通り、ぬかるんでいた地面もやがてしっかりと固まるようになるため、固まる前に草むしりを行いましょう。あまりにも庭の規模が広大すぎてとても行えない場合は業者に依頼するという方法があります。その場合、自分で行うよりも遥かに早く作業を終えてくれます。なお、業者によって価格は変動しますのでできるだけ安い業者をお探しなら比較サイトや実際に見積もりを出してもらい、お値段の比較を行いましょう。